Our Business

落石・岩盤調査

ロープアクセス技術などを用いて、露岩する岩盤の亀裂や風化・変質の状態を調査し、不安定岩塊の評価を行います。調査結果地質平面図に表し、適切な斜面対策工の設計を行います。

  • 魚沼市 落石調査対象斜面 全景

  • 魚沼市 落石調査対象斜面 調査風景
    落差60mを越える急峻な崖をロープアクセス技術を用いて調査した。

  • 五泉市 落石調査対象斜面
    地表地質調査を行い、落石の機構と想定される落石規模を明らかにした。

岩盤検査

設計した構造物の建設過程において、掘削面の岩盤状況を観察することにより、地層分布や弱線などを含む地質構造などが設計時の想定の範囲にあるかを検査し、設計で用いた所定の強度が得られているか確認します。設計条件を下回る地質の場合は修正設計を行います。

  • 三条市 砂防堰堤建設現場 袖部
    岩盤調査を行い、地層区分、基礎部や袖部の岩盤評価を行った

  • 三条市 砂防堰堤建設現場 底面

  • 三条市 砂防堰堤建設現場 地質断面図

構造物老朽化調査

老朽化したモルタル吹付法面において、熱赤外線調査、打音調査などを行って、目視で確認することができないモルタル背面の空洞状況を把握し、法面の健全度を判定します。法面の健全度判定に基づき、補修設計や追加対策工の設計を行います。

  • 妙高市 劣化したコンクリート吹付斜面 熱赤外線解析結果
    熱赤外線や打音調査により法面の健全度を評価した

  • 妙高市 劣化したコンクリート吹付斜面 撮影風景

  • 妙高市 劣化したコンクリート吹付斜面 打音調査

航空写真判読

道路の路線選定や砂防施設の配置計画などに役立てるため、航空写真判読を行います。特に、地すべり、段丘、山体崩壊跡、河川形状、線構造、遷急線などに注意する必要があります。雪崩調査の場合は、植生にも留意が必要です。

  • 糸魚川市の道路

  • 十日町市の橋梁

  • 五泉市の雪崩危険斜面

法面安定工設計

崩壊メカニズム・崩壊規模に見合う法面対策工を設計します。

  • 魚沼市

砂防堰堤基礎調査

渓流の地質調査を行い、砂防堰堤の配置計画立案の基礎資料とします。

  • 妙高市

雪崩危険個所調査

雪崩危険個所の雪の状態を確認し、雪崩危険度の評価や、施設の有効性などを確認します。

  • 魚沼市