Our Business

維持管理業務

港湾・海岸分野の維持管理業務は、施設の現状把握のための点検診断及びライフサイクルにおける管理方針・手順を定める維持管理計画書の作成で構成されます。

港湾や漁港では水中部の点検診断が多く、潜水専門業者と連携して調査を実施するのが特徴的です。点検診断で異常が発見された場合は、詳細調査や補修検討が行われます。

  • 赤泊港・岸壁調査

  • 二見港・岸壁調査

  • 市振漁港・岸壁潜水調査

  • 名立漁港・防波堤調査

  • 岩船港・護岸調査

施設設計・波浪解析

港湾・海岸分野の代表的な施設は、防波堤、岸壁、護岸、離岸堤等です。これらの施設は、波浪や潮位を考慮して設計します。近年は、維持管理に関わる補修設計が増えています。

また、施設設計で考慮する波浪条件を定めるため、各種の波浪解析を行います。ブジネスクモデルなどの新たな解析手法や船舶の動揺解析等にも取り組んでいます。

  • 直江津港・岸壁補修

  • 直江津港・防衝壁設置

  • 姫津漁港・岸壁延伸・護岸嵩上げ

  • 市振漁港・防波堤補修詳細調査

  • 稲鯨漁港・防波堤嵩上げ

  • 両津漁港・岸壁補修詳細調査

施工にかかわる業務

日本海側の海上施工は、5月から10月と施工期間が限られること、海上と陸上の境界では現地条件、工期等に応じた適切な施工方法の選定が必要なことから、計画段階で施工方策を検討します。

  • 新潟西海岸・ヤード拡幅施工状況

  • 新潟西海岸・ヤード再拡幅施工状況