company

会社情報

代表メッセージ

代表取締役社長、横山純一の写真です。

暮らしと産業の基盤を創出する技術者集団

開発技術コンサルタントは、1981年の設立以来、新潟県の社会資本の創出に取り組んできました。出発点は森林土木でしたが、その後、河川や道路、海岸、地質調査などへ守備範囲を拡大させ、建設コンサルタント業で9部門を登録し、多岐にわたるプロジェクトを推進しています。新潟県の同業社では唯一の「港湾・海岸・漁港」部門を有し、差別化と同時に、イニシアチブカンパニーとして技術力の向上を図ってきました。

今、世界は持続可能な社会の実現に向けて歩み始めています。私たちは高い技術力と幅広い実績を総合し、コンクリート構造物の老朽化という問題と、住み続けられる街づくりという時代の要請に応えてきたいと思っています。また、国が導入を推進している土木CIM(construction information modeling) に取り組み、生産性の向上と業務の効率化、同時に、働きやすい環境の整備も進めています。

私たちが目指すものは、発注者、施工者、地域の方々だけでなく、社員にとっても、信頼でき、誇りに思える「グッドカンパニー」。これからも、規模ではなく、品質の高さや技術の確かさで評価される建設コンサルタントとして、新潟の発展を支えてまいります。

株式会社開発技術コンサルタント
代表取締役社長 横山 純一

会社概要

株式会社開発技術コンサルタントの社屋外観です。

商号 株式会社開発技術コンサルタント
所在地 〒951-8133 新潟県新潟市中央区川岸町3丁目33番地3
Google Map
TEL:025-233-0204 / FAX:025-233-6465
設立 1981年(昭和56年)9月1日
代表者 代表取締役社長 横山 純一
資本金 4,100万円
役職員数 52名(2023年4月現在)
事業内容 建設事業の企画・調査・計画・設計・維持管理計画・情報処理
(道路、河川、砂防、海岸、港湾、空港、橋梁、土木構造物、上下水道、造園、地質、土質、基礎工、施工計画、各点検業務、情報データ処理)
測量・地質調査業務
許可登録
  1. 建設コンサルタント業
    (建)30-3103号
    登録部門 9部門
    • 河川、砂防及び海岸・海洋部門
    • 港湾及び空港部門
    • 道路部門
    • 下水道部門
    • 地質部門
    • 土質及び基礎部門
    • 鋼構造及びコンクリート部門
    • 施工計画、施工設備及び積算部門
    • 建設環境部門
  2. 測量業
    (9)-12402号
  3. 地質調査業
    (質)30第2650号
主要取引先 国土交通省北陸地方整備局、新潟県、新潟市、他新潟県内市町村
取引銀行 第四北越銀行、三菱UFJ銀行
加入団体
  • 一般社団法人 建設コンサルタンツ協会
  • 公益社団法人 土木学会関東支部新潟会
  • 北陸橋梁撤去技術研究会
  • 北陸構造物維持補修技術研究会
  • NPO法人 水環境技術研究会
  • 公益社団法人 日本下水道協会
  • 海洋・港湾構造物維持管理士会
  • 一般社団法人 新潟港振興協会
  • 新潟優法会(優良申告法人)

各種方針

認定

ISO9001

ISO9001品質マネジメントシステムの運用をもとに、正確かつ厳格な業務管理を徹底。継続的に技術力の向上に努力し、高品質な社会資本の創出に取り組んでいます。

2017年11月にISO9001:2015版へ移行しました。

にいがた健康経営推進企業

従業員等の健康づくりに積極的に取り組む企業として、新潟県より「にいがた健康経営推進企業」に認定されています。

ハッピー・パートナー企業(新潟県男女共同参画推進企業)

男女がともに働きやすく、仕事と家庭生活等が両立できるよう職場環境を整えたり、女性労働者の育成・登用などに積極的に取り組む企業として、新潟県より「ハッピー・パートナー企業(新潟県男女共同参画推進企業)」に認定されています。

SDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)と開発技術コンサルタントの取組み

開発技術コンサルタントは、相互に連関し複雑化する環境・社会・経済の側面に着目したSDGsへの取組みをとおして、地球環境に関心を持ち、自然を愛する社員一人一人がお互いを認め、技術の研鑽を継続し、豊かな地球環境を創造してまいります。
詳細はこちら(PDF)

沿革

1981年9月(昭和56年) 株式会社開発技術コンサルタント設立(新潟市関屋田町1-13)。資本金1,500万円。
1984年8月(昭和59年) 資本金2,000万円に増資。
1986年4月(昭和61年) 資本金4,100万円に増資。
1995年5月(平成7年) 現在地に本社ビル新築移転。
1999年12月(平成11年) ISO9001品質マネジメントシステム認証取得。
2012年4月(平成24年) ISO9001永年認証表彰。
2012年4月(平成24年) 港湾海岸課を新設。
2013年8月(平成25年) 地質調査部を新設。

受賞歴

令和5年11月

新潟県新潟地域振興局 新潟港湾事務所

優良業務委託証 及び 優良業務委託優秀技術者証

新潟港(西港区)橋梁定期点検業務委託

技術者 本田 成克

令和3年12月
国土交通省北陸地方整備局 新潟港湾・空港整備事務所
業務担当技術者表彰
新潟港海岸(西海岸地区)海岸保全施設状況調査
受賞者 飯沼 年光
令和3年11月
新潟県 南魚沼地域振興局 地域整備部
優良業務委託証 及び 優良業務委託優秀技術者証
防災安全(単舗法定点検)シェッド点検委託
技術者 樋口 秀春
令和3年11月
新潟県 糸魚川地域振興局 地域整備部
優良業務委託証 及び 優良業務委託優秀技術者証
一般県道上町屋釜沢糸魚川線県単道路改築(道路)道路詳細設計業務委託
技術者 忠平 将典
令和3年11月
新潟県 佐渡地域振興局 地域整備部
優良業務委託証 及び 優良業務委託優秀技術者証
小野見海岸 離島老朽化対策(防安)老朽化対策実施設計業務委託
技術者 村椿 翔
令和2年2月
北陸地方整備局災害対策関係功労者表彰
令和元年台風第十九号による千曲川流域での災害対応について
令和2年2月
北陸地方整備局長 感謝状
令和元年台風第十九号 災害支援

令和元年7月

北陸地方整備局優良委託業務表彰
新潟港海岸(西海岸地区)第6区画施工検討業務
平成30年6月
全建賞((一財)全日本建設技術協会)
平成23年新潟・福島豪雨一級河川塩谷川災害復旧助成事業
平成29年6月
全建賞((一財)全日本建設技術協会)
一般国道291号坂戸バイパス事業
平成28年11月
北陸地方整備局若手技術者賞
新潟港海岸(西海岸地区)海岸保全施設状況調査業務
受賞者 中島 康喜
平成20年1月
北陸地方整備局 感謝状
平成19年7月新潟県中越沖地震 河川管理施設の被災状況点検調査
平成20年3月
新潟県土木部長 御礼状
平成19年7月新潟県中越沖地震 被災地公共土木施設復旧
平成19年2月
新潟県長岡地域振興局長 功績を讃えて
平成16年7月新潟豪雨及び同年10月中越大震災 災害復旧

有資格者一覧

技術士

総合技術監理部門(合計6名)

建設-道路 1名
建設-鋼構造及びコンクリート 2名
建設-建設環境 1名
上下水道-下水道 1名
応用理学-地質 1名

建設部門(合計17名)

河川、砂防及び海岸・海洋 4名
港湾及び空港 2名
道路 3名
土質及び基礎 3名
鋼構造及びコンクリート 2名
施工計画、施工設備及び積算 1名
建設環境 2名

上下水道部門

下水道 2名

応用理学部門

地質 3名
Apec Engineer登録(civil) 1名

技術士補・修習技術者

建設部門 12名
応用理学部門 2名
JABEE認定課程修了者 3名

技術士以外

博士

理学 1名

RCCM(合計25名)

河川、砂防及び海岸・海洋 6名
港湾及び空港 3名
道路 4名
土質及び基礎 2名
鋼構造及びコンクリート 3名
施工計画、施工設備及び積算 2名
建設環境 2名
下水道 1名
地質 2名

その他資格

特別上級土木技術者 1名
一級土木技術者 1名
測量士 6名
測量士補 18名
一級土木施工管理技士 13名
一級造園施工管理技士 1名
一級ビオトープ施工管理技士 1名
コンクリート技士 2名
プレストレストコンクリート技士 1名
地質調査技士 5名
地すべり防止工事士 2名
地質情報管理士 1名
交通工学研究会認定TOP 1名
第一種衛生管理者 1名

維持管理系

コンクリート診断士 5名
土木鋼構造診断士 1名
道路橋点検士 6名
河川点検士 6名
海洋・港湾構造物維持管理士 2名
道路防災点検技術者 20名
ME新潟(構造・防災) 11名
高所作業車運転技能講習 9名
フルハーネス型安全帯使用作業特別教育 11名